パチスロ講座に参加して、パチスロと真面目に向き合う会

前ふり

 

どうもこんにちわ。パチスロにリールは必要ないんじゃないかと抜かす大都非公式マスコットキャラクターになりたい貯金零です。

大都技研様より発表されました新台、番長のAタイプ。

まだ打てていませんが神台なのは確定しているとして、最近やたらにノーマルタイプの新台が多いと感じるようになりました。

規制の影響なのでしょうか。その辺に関してはとても興味がないのですが、ノーマルタイプと言えば毎度お馴染みの目押しが出来ない問題や液晶がないと眠くなってしまう問題にぶつかってしまうわけでして。

今後もスロットを楽しみたいのなら、もう少しパチスロに関してお勉強しなければならないと頭を抱えていると丁度いいタイミングでパチスロ講座が開かれるという情報を入手。これはチャンスだ、鉄拳チャンスの次くらいにはチャンスだと思い 飛び入り参加でも大丈夫ということなのでさっそく講座に参加してきました。

見たことある顔ぶれしかいないように見えますが、気のせいです。

この日の講座はカメラマンもいるということだったので、どんな博学多才に会えるかワクワクしていると講師の方が登場。

 

こっち見ないで。怖いから。

 

・・・という前ふりで、これよりBタイプcenterのハナハナ講座、開幕。

こっち見んな。

 

 

 

 

 

 

 

浅学雑音講師のハナハナ講座


 

自己満足企画、centerのハナハナ講座。ちゃんと講座って漢字が書けて良かったね。

さて、自称ハナハナ大好きパンダがここで何をしようかと言いますと「ハナハナをもっとよく知って、皆でハナハナの奥深さ、面白さを知ってもらう」というのが目的だそうで。

ちゃんとモニターまで用意しています。割と真剣なようです。

真剣に語る余り、呼吸がしづらいとかいう理由でパンダを脱ぐくらいには真剣です。

 

この記事を読んでる方の何割かはハナハナという台を知っているかと思われますが残念なことにこの記事を書いている貯金零はハナハナなんぞ知らない上にオールナイト前編でトイレのついでに打ったくらいしか認知しておりません。そもそも液晶のないノーマルタイプなんぞ告知する光りが違うだけで全部同じが気がしてなりませんが、その辺はどうなのでしょうか。

そんな超絶初心者にも分かるように、イラストで丁寧に教えてくれる講師。

「そのわたあめ模様が光るんですか?」

centerわたあめちゃうわ。これハイビスカスや。」

 

 

美術センスが高すぎてハイビスカスであることが伝わりませんでした。講師のわたあめはさておき、モニターにもあるようにハナハナの告知タイミングはほとんどが先告知です。レバーを叩いた瞬間にわたあめハイビスカスが光ったらボーナス確定。

・・・やっぱりどう考えてもジャグラーと同じじゃないのかな?

しかし講師はこれを否定。むしろピエロは山手線の悪夢のせいで嫌いなだけじゃないのかなという疑問も浮かびましたがそうではないとか。

ここで講師ようやくモニターを活用。ハナハナの一般的なリーチ目なるものを説明し始めます。

そのほとんどが先告知なわけですが、たまに発生する後告知。しかもそれがリーチ目系で察知出来れば次のレバーを叩く時に確実に光るとわかる その瞬間が溜らなく気持ちいいそうです。

ジャグラーとの大きな違いがそこにあります。

ジャグラーだと、仮にそのゲームがリーチ目だとすれば第三停止を離したと同時に光ってしまうランプ。

それをハナハナは次のレバーで告知する。要するに、光ると分かっているレバーを叩くのがとても気持ちいいものなのだと力説。公式にあるリーチ目以外にもこんなにリーチ目があるんだよと、その高すぎる美術センスで図説解説。

DDT?でしたっけ。毎回狙うおでんの停止系から、スイカが揃うと~などと説明してくれました。おでんのイラスト上手ですね。はい。

他にも下段BARから揃うリーチ目などを説明。パンダの首が此方を向いているところが軽くホラーですが、これは心霊写真でもなんでもありません。

左リールにおでんが止まって、右リールにこのような停止系が~などと熱く語る講師。

熱くなりすぎてカタカナさえ書き間違える始末。いや、もしかするとハナハナはチェリーをチュリーと表記しているのかも知れませんよね。

 

 

 

 

 

そんなわけないか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

熱血講師、暴れる

リール制御などの一通りの説明が終わり次の授業へ。すでに飽きてきた私ですが、ここからはパンダがよくTwitterなどで叫んでるバブみに関する授業へ移ります。

この私の表情で分かるように一生懸命説明をしてくれているとは言え、人の集中力は長ければ長いほど切れてくる物です。バブみとかいうわけのわからない用語に対して、無駄に理屈づけて長文で語っていたのですが、全く耳に入りませんでした。

もっと分かりやすく説明しろ!と指摘したら先生は身体で表現してくれました。

 

要約すると・・・

歴代ハナハナのイメージがこちら。

直立不動です。

 

そしてニューキングハナハナの筐体が

 

 

こう。

ジェスチャーを交えられても訳が分からなかったわけですが、本人曰く、バイーンっと重量感あふれるママ感が半端ない、と。

これを動画でお伝えすることの出来ないもどかしさを分かってもらいたいくらい面白かったです。

この全てを包み込む重量感と包容力が、バブみなるものを生み出しているとか。

読んでて言ってることがさっぱり分かってない読者が多数だと思われますが、これ書いてる本人も何言ってるか分かってないので大丈夫です。講師の思考がちょっと独特すぎてついてこれないだけです。

一しきりハナハナの魅力について説明して満足した講師パンダ。

最後によくある質問コーナーへ移りますが、優しい講師は丁寧に我々の質問にお答えしてくれました。

その時の様子を四コマにまとめてみました。ご覧ください。

 

 

はい、ありがとうございました。

これにてハナハナ講座は終了。お疲れさまでした。

わたあめ沢山光らせて、楽しくハナハナを楽しめるといいですね。

 

 

 

 

 

 

蛇足。


講義終了時刻が18時前。どうしたって依存症の我々には「まだ打つ時間あるじゃん」ということにしかならなかったので、ハナハナを置いているお店を全力で探してさっそく先ほど学んだ知識を生かそうとホールへ入店。

しぶしぶハナハナへ着席し、隣に講師を置いてさっそく打ってみましたが

 

講師、ドはまりを食らう。

途中隣でぶつぶつと「ママぁ、そろそろバブバブしたいよ・・・」などという呪文まで聞こえてきましたが知識を生かすどころか財布が殺されるはめになりましたとさ。

 

結論、ハナより大都。

賭博破産伝 貯金零

About 賭博破産伝 貯金零

大都キャラへのお布施が止まらない養分。
人生なんて行き当たり体当たり直当たり派。 

Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。