パチンコ屋に愛は溢れているか ~激闘編~

優しさを求めて

前回までのあらすじ、説教おじさん。

相手を受け入れるばかりではなく断り、嗜める事も優しさだと学んだ前回。おそらく自分より3倍以上生きている人の言葉ですからその言葉は重みが違います。キツい言葉遣いだとしても、それは愛情の裏返し。20を越えるとめっきり人から怒られる機会は減りましたが親から怒られていた事を思い出し、なんとなく懐かしい、ほっこりした気分になった前回の後、こんな物が家に届く。

 

 

国からの資産差押通告書

 

まぁビビった。

学生時代に年金免除申請していなかったツケがちゃんとした年収のある今、回ってきて、過去も現在も変わらない自分のズボラさに嫌気がさすけれど、何より悪いのは自分自身。払わなければいけない額を見てこの金があったら凱旋の天井を0から何回目指せるのかと思ってしまう辺がスロッカス。人のふり見て我が身を直せとはよく言ったもので、こういうクズは指をさしながら笑うものでなるもんじゃないですからね!

という事でパチ屋で優しさを求める企画の第2回は差押予告書のおかげで薄くなった財布と沈んだ心を癒すため、また優しさを求めます。

※この後ちゃんと払いました。義務はちゃんと果たそうね!

 

今回のルール説明

  • 普段目押しを代わりにしている後期高齢者の方々に逆に目押しをしてもらう
  • 見ず知らずの土地でも人の情はあるのか検証
  • パチ屋に優しさは溢れているのか検証する企画
  • 目押しをしてくれたら勿論お礼に缶コーヒー

in阿佐ヶ谷

優しさという概念はかなりあやふやなもので人によって考え方や体現の仕方が全くと言っていいほど違う。厳しさが優しさと言う人もいれば、甘さが優しさだと言う人もいる。どちらも「他人を思う」気持ちに変わりはなく、厳しい方が正しい、甘い方が正しい。なんて白黒ハッキリつける必要はないのだろう。

厳しい優しさしかなかった前回。今回は違う優しさが欲しい!という事で今回はアド街ック天国で情溢れる街と紹介されていた阿佐ヶ谷の商店街内にあるパチ屋へ。


場所は変わってもスロットは変わらず。目押しを頼むのですからある程度目押しが出来る人。これは絶対的に変わりません。

という事で最初に声をかけたのは通常時から7狙いをしているじいちゃん。

後期高齢者特有のチェリー無視打法。普段自分がセコセコと取っているチェリーなんて無視。ペカッていないのに7狙い。人生の深みを感じるアグレッシブな7狙い。第3停止で揃わずに首をかしげる所までが1setの7狙い。

深い(多分)

さて、このじいちゃん。第1停止で7が枠内に止まるとネジネジ。第2停止でテンパってもネジネジ。とにかくネジネジ。そのおかげかは知りませんがカチ盛りが1箱。以前、自分もそういうオカルトをやった時がありますが結果は惨敗。本物と偽物の違いか、はたまた年季の違いか。台に見透かされていると言う事でしょうか。

そうこうしているうちに

無事にペカッ。

 

我に秘策あり

前回。初心者アピールをするため隣からの熱視線を感じながらも様々なオカルトを駆使しましたがそれは全て振るわず。視線の正体は「珍しいものを」であるとか「哀れみの」であって「助けてあげようという」気持ちではなかったはず。

人と言うのは不思議なもので自分と違うもの、特に考え方が違う存在には嫌悪感を抱いてしまったり、異物として見てしまう。恋愛も共通の趣味とか親近感が湧く所がスタートラインになりますよね?そういう事です。

そういう心理を考え、1人目は

わざとハズして第1停止をネジネジ

第2停止でネジネジ

第3停止でもネジネジネジ

とにかくネジネジネジネジ

相手に親近感を湧かせます。ネジってネジってネジり倒した。相手が受け入れやすい土壌を作った所で、声をかける。


バシバ

(肩をちょんちょん)

 

おじちゃん

(ちょっとビクッとしながら)な、なに?

 

バシバ

7を揃えてくれませんか?

 

おじちゃん

目押し出来るよね?目押ししてたし

 

バシバ

左リールの7は見えなくて…その…

 

おじちゃん

出来るんなら自分でやってよ

 

バシバ

あ、はい…

 

押しに弱い。

 

教訓は活かそう

気を取り直し。

1人目はおそらく機嫌が悪かった。400以上ハマっていたし、なにより打ち方が荒っぽかった。

せっかく得た出玉を削られてイラついてたんだろな…そういう時に何かを頼まれても快く思わないからね…

という事で2人目はボーナス中のじいちゃん。

皆さんスロットを打っていて一番楽しい時って「出てる」時ですよね?この機種のこの演出が好きなんだ!このリーチ目が好きなんだ!と金以上に価値を感じる場面があったとしても金が増えて嬉しい訳がない。所詮はギャンブルのスロット。いくら、どれだけスロット自体が好きだと言っていたとしても軍資金が無ければ関わる事すら出来ないのですから。

さて、このじいちゃん、よく見れば肩を揺らしながら打っている。

そう、ノリノリである。

どれだけ投資をしているかは分からないがボーナス中をそれだけ楽しめるなら他人の頼みでも快く引き受けてくれるに違いない!

今回は頼むタイミングを見計らうために、ゆっくり…ゆっくりと…じいちゃんのボーナス中に照準を合わせるために打っていく。

1回転をゆっくり、ゆっくりと今度こそ!今度こそ優しさを!と願いながら打っていると

じいちゃんとほぼ同時にペカッ。隣を見ると肩を交互に、リズミカルに揺らすじいちゃんの姿が。

さぁこれでどうだ!

機嫌が良ければ人の頼みの1つや2つ聞いてくれるだろう!


バシバ

(ちょっと大きめの声で)すいません!

 

おじちゃん

(肩を止めてこっちを見てくる)なに?

 

バシバ

7を揃えて欲しいんです!

 

おじちゃん

ヤダよ。小さい方揃ったらどうすんのさ。

 

バシバ

えっ

 

おじちゃん

小さいほう揃ったら嫌だからさ、しないよ。

 

バシバ

それでもいいんで!お願いします!

 

おじちゃん

しないもんはしないよ。

 

小さい方とは。

※おそらくバケの事

 

見栄は張るもの

頼む人、頼む人全て全滅。今回に至っては厳しい優しさどころの話ではなく拒否の姿勢そのもので完璧に煙たがられる存在。取り付く暇なんて全くない。パチ屋で優しさを求める事自体が間違っていたのか…。所詮はギャンブルのスロット。赤の他人の金をなんで自分が増やさないといけないのかと思うのはごく自然な事なのかもしれません。

どうにか優しさを見つけたい!断られるのが自然な事だとしても…

 

 

最後に声をかけたのは並んで打っている夫婦連れ。

男というのは女性の前では格好をつけたい生き物。くだらないと笑う人がいるかもしれませんが、そこは男の矜持。スロットならプレミアフラグを引いて彼女にアッと言わせたい。どう見ても設定1の台で己の腕で出玉を得たい。男に生まれたからにはそうありたい!

という男だからこそ理解出来る心で、夫婦連れに声をかける。

同性ならこっちの気持ちも分かるだろう!

赤の他人にいきなり物を頼む失礼極まりないこの企画だけど、最後に!最後に!頼む!


バシバ

あの…

 

おじちゃん

ん?

 

バシバ

7、揃えてもらえませんか?

 

おじちゃん

え?

 

バシバ

7を揃えてもらえませんか!?

 

おじちゃん

え…ヤダ…

 

バシバ

ヤダ……

 

ヤダ。

優しさとは

せっかく阿佐ヶ谷に行ったので居酒屋で1人反省会。

正直、1人ぐらいは頼みを聞いてくれるだろうと高を括っていました(普段自分は頼まれれば目押しするからね)しかし結果は惨敗。説教してくる人もいればほぼ無視の人もいる。まともな会話にすらならない。パチ屋という空間の異質さを肌で感じる結果となりました。

この企画ではパチ屋という空間を大切にする人ではなくお金を大切にする人に声をかけてしまったのかもしれません。周りを見渡せばオフ会や連れ打ち、インターネットで知り合った共通の趣味の友人。色々な縁が生まれています。

射幸性が最高潮でSNSもなかった一昔前とは違い、今や低射幸性の時代。ギャンブルとしてではなく、1つの趣味として縁、優しさを探してみるのも今の時代に沿ったパチンコ、スロットの1つの在り方なのかもしれません。

 

それでも説教されたのは納得してねぇけどな!!

 

おしまい

バシバ

About バシバ

赤い仮性を始めて早2年、そろそろ一皮剥けたい26歳。

Bookmark the permalink.

7 Comments

  1. 今回も読ませて頂きました。もしかしたら、そもそも難しい検証をしてるかもしれません
    ふと思い返してみたら、おじさん.お兄さんに目押し頼まれたことありません。仲間?連れに頼んだり、何回も失敗してから店員を呼んでるからです

    目押し出来ないのにスロット?
    1人なのかな?
    店員に頼めば良いのにetc
    こんな邪念?が先行するのかもしれません。かつてゎ自分もやってもらってたはずなのに
    …優しさって何ですかね(^^;)苦笑

    • ミナミノさん
      人の気持ちって難しいですね笑
      懐疑心も多いにあるんでしょうが…(›´ω`‹ )

  2. この企画読んでる方も辛い気持ちになるやんけ!!
    win- winならぬlose- loseとは…

    次はアクロス系で目押し頼みましょう(邪笑)

  3. どうせ女が目押し頼んできたら、ほいほい引き受けるのにね、ジジイなんて(笑)

  4. Pingback: オリジナルグッズをモテるために作る男のDIY・後編 - B-TYPE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。