【第二回】お金がないのでたまにはパチスロ・パチンコホール777的なので遊んでみる。

 

大都以外の貯金零回

in 自宅

 

吾輩は 社畜である。連休などない。

 

そんなプライベート事情なので、今回も家でのんびりゲームをしてみたいと思う。

 

今回ご紹介するゲームはこちら。

パチスロ竜宮伝説。

1993年発売ってことは私はまだ小学生ですらありませんね!

竜宮と言えば竜宮城!

竜宮城と言えば浦島太郎!

小学校4年生の時、学芸会で一寸法師をやりましたが浦島太郎一切関係なかったことに書きながら気づきました。

さてこのゲーム、どの辺が竜宮なのかは知りません。

そもそも竜が入っていれば竜宮名乗っていいと思っているのでしょうか。

㊙情報編集部っていうのもいかにも怪しい臭いしかしません、これぞまさにファミコンゲームの醍醐味なんでしょうけれどね!クソゲー臭ぷんぷん漂っていますが、時間もないのでサクサクっと進めていきましょう。

教えてGoogle先生

 

さて、さっそくですが中身を見てみましょう。

前回記事では斜め45度からのパチスロストーリーゲームをやらされましたが、今回はストーリーではなく 当時の4号機がゲームで遊べるらしいのでちょっと期待に胸を膨らませながらスタートボタンを押すと。

知ってる台が1つもない。

上から二つ目・・・なんとも怪しいオマージュ台のような空気しか漂ってませんが、念のためすべてのタイトルをGoogle先生で検索したところ ヒットしたのは0件。

つまりそういうことですね。

怪しい編集部の作った単なるオマージュゲームってことなんでしょうね、これ。

すでにテレビなんかそっと消して DS片手にモンハンダブルクロスでもやりたいという欲求を

なんとか抑えて

唯一知っていそうなリーノというゲームをやっていこうとボタンを押すとやっぱりそういうことでした。

 

 

これリノやん

オマージュとかいう前にこれまんまリノじゃん。

ちなみに皆さんはご存知かと思いますが、リノってトマトを獲って当たりを連荘させる台です。

打ったことないのでそれ以上の知識が皆無ですが リノはトマト。リオはおっぱいという感覚で覚えてくれればいいでしょう。

 

 

わかりづらいかも知れませんが、これトマトも7もりんごも赤いので7が狙えない問題が発生しました。

トマトは案外簡単に収穫できるんですが、7がどこにいるのかさっぱりわかりません。

しかもファミコン画面なので見えづらいこと林の中の木の如く。

しかも赤って結構目に悪い色だって知っているんでしょうか?お目目がショボショボしてきたところでようやく7が揃ったかと思うと

ラッキー!

たったこれだけの文字が出てきて終わり。しかも音楽もなしにただラッキーって・・・。

まあ最近の 当たるまでひたすらガチャガチャ役物が動いたり 当たったら当たったで死ぬほどうるさい音でお出迎えしてくれる台に比べたら なんとも謙虚な感じで逆に新鮮ですけどね。

某アイドルグループの台なんて 初めて打った時びっくりしましたからね。

どうしてレバーが右と左についているのか。意味がわからないし、作った人が何を考えてこれ付けたのかもよくわからない。しかも当たったら当たったでとにかくうるさいし、光がビカビカとお目目痛くなるし。

・・・そう考えるとパチスロの歴史は 視力を傷つけるって意味では何も変わっていないのかも知れませんね。

目に優しい青7とか丸みを帯びたフォントの7とか 青いピラミッドの方が個人的には目に優しい色をしているので 好きです。

つまり大(以下略 編注)(←別に略してません 編注)

 

 

変わったもの、変わらないもの

 

 

前と同じことを言いますが、なぜ大当たりしてる最中に小役が外れるのかね!この台疑似ボーナスってことなんでしょうかね!

まあ疑似ボーナスって何なのか よくわかってないんですけね。

よくもまあこんな台を昔の人は打ててたよな、とか思いながら消化してましたが 一体いつまでボーナスゲームなのか打っててわからなくなったところで

 

私は そっとリセットボタンを押した。だって飽きちゃうんですもの。

ただボタンを押してコインを増やすだけなんて 私には耐えられません。5号機世代には5号機特有の煽りや液晶がないと 体が受け付けないのかも知れませんね。

そんな自分でも楽しめそうなタイトルが一つだけ。

一番下のスーパーパップたいせん台

コントローラーが一つしかなくても、果たして対戦が出来るのでしょうか。そもそもパチスロで対戦ってどうやるのか。もしかして目押しの対決か何かをやらされるのかな。などと色々考えながら選択したら驚愕です。

 

 

リールが死ぬほど小さい件。

これ画像だとちょっとわかりづらいかも知れませんが、上に貼ったトマトと同じサイズ画像なんですよね。それが二分化している上に 無駄に筐体の下パネルまで入ってるから

小さきこと 蟻の如く。

これは酷い。目が痛いなんてレベルじゃない、などと文句を言いながらも 一応やってみようとボタンを押すと

よーい、スタート。ではなく、スタート。と いきなりリールが回り始めて勝手にスタートを切られました。しかも右に関してはそこから一度も止めてないです。左の方の台しかリール止まってくれません。こういう丁寧じゃないところもファミコンのくそゲーって感じなんですけどね。しかしそれでも

 

勝手に右の台が勝利するのは ちょっと納得ってもんがいかないよね。そりゃ確かに差枚勝負なら 右で一度もボーナス引けなきゃ勝ちなんでしょうけれど じゃあリールを止めないでいたら勝ちかって言われれば

それを勝ちとは言えないと思います。むしろそんなので勝っても嬉しくないですし。

こういう一切の説明がないところが さらに5号機世代を突き放してる感じがして

ああ、やっぱり私は4号機向いてないんだなとか考えつつ このゲームを閉めさせていただきます。

(※貯金零は4号機かと思っておりますが恐らくこのゲームは3号機の機種かと思われます。編注)

 

補正ってあるよね

 

まだ2回しか進んでいないこの企画ですが、もしかして4号機って神とか騒ぐほど面白くないんじゃない?っていう 俗にいう思い出補正疑惑が浮かんできました。

基準の違うものを比べたらいけないってことはわかっているんですが、それでもこんなゲームが仮にホールにあっても まず興味すらわかないし 打とうって気も起きないので

昔の人ってどこからそういう気が沸いてきたんだろうなぁっていうのが正直な感想です。

まず新台ならとりあえず触りたいっていうのがあった。なんて声を聴いたことがありますが、だってボーナス中まで目押しさせられるなんて泣きそうになっちゃうよ。個人的に。

もしかすると そういう面倒な作業が、昔の時代の楽しみ方だったのかもしれませんけどね。Mな方が多いのでしょう。きっと。

 

 

そんな感じで 今回のゲーム企画は終わりにしたいと思います。お仕事いってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おまけ

 

他の機種もやったんですけど、青でコイン獲得ってなんか納得がいかないのでやめた台。

青がベルの代用で許されるのはブダイだけだと思ってる派なので。

 

プラムって何だよ!

 

終わり。

 

オマージュっていうか、実際に合った機種のもじりであるファミスタ方式です。あとたぶん3号機です(編注)

賭博破産伝 貯金零

About 賭博破産伝 貯金零

大都キャラへのお布施が止まらない養分。
人生なんて行き当たり体当たり直当たり派。 

Bookmark the permalink.

3 Comments

  1. 気づいたんですけど、4号機しか知らないおっさんにパチスロの面白さ伝えるより
    零さんに大都以外の台の面白さ伝える方が面白い気がするんですよ。

    零さん、僕と一緒に連れ打ちしてください。

    • 賭博破産伝 貯金零
      賭博破産伝 貯金零

      私もそう思いますが、一度それ失敗してるってことに気づいてくださると助かります。詳しくは記事を探してみてください!

      あと、私は興味のないことは本当に右から左なので 一生懸命説明してくれる方に失礼な態度しか出せないという自覚があります。

  2. Bタイプの中の人
    Bタイプの中の人

    零さんと同じこと言いますね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。