パチスロ攻略シリーズ第1回「ジャグラーの乱数を完全攻略」

Bタイプが送る、死ぬほど真面目な攻略記事第1弾。

Bタイプが送る、死ぬほど真面目な攻略記事

『Bタイプ=無茶をして負ける』
当サイトを訪れる方々のほとんどがそんなイメージを持たれていると思います。
そんなイメージを払拭する為、Bタイプは遂に本気でパチスロを攻略することを決心しました。

今回の機種は、完全告知の雄、ジャグラーです。

川:「全開オヤジ打ちが一番楽しい、それがジャグラーのゲーム性なんです。小役をカウントしている若者の横で、オヤジ打ちのおばちゃんが3箱出しているとか爽快じゃないですか?」

ジャグラー生みの親、川﨑俊也氏も仰っているように、ジャグラーの醍醐味は全開オヤジ打ち。

しかし時代の二手三手先を読む我々はある部分に着目しました。

オヤジ打ちのおばちゃんが3箱出しているとか

この部分。

確かにジャグラー打ってるお爺ちゃんお婆ちゃんって、どういう訳か設定に関係なくバンバン光らせてジャグ連させるじゃないですか。

あの世代に到達すると北電子の乱数とシンクロしはじめるんじゃないかっていうくらいに。

小役なんてカウントしてない。
設定なんて関係ない。
ホールの顔なじみと井戸端会議。

でも勝っちゃう。

あの世代には何かあるに違いない。
そう思います。

というわけで、Bタイプが送るパチスロ攻略シリーズ第1弾は「老人になってジャグラーの乱数を完全攻略」です。

どうですかこの綿密な推理。
これは完全に勝てる。

僕らを負け組だ養分だと笑ってられるのも今のうちですから。

あの男が帰ってきた

3連休真っ只中の日曜日。

このところ全くと言っていいほど出番がなく、影すら消えそうなバシバを呼び出した。

バシバ

大体登場が3ヶ月ぶりなので誰だソイツって言う人のために説明するとこのラーメン屋風のポーズ決めた男です。
好きなアニメはガンダム。

「なんですか?今日は」

来る前にラーメン食ってきたと言い張る男に趣旨を説明すると露骨に嫌そうな顔をした。

「帰っていいですか」

ダメです。

「あの…ちょっと何言ってるかわかんないんですけど」

ホントは分かってますよね?

「まあ……毎回、僕はこういう役ってことは……」

身も心もジジババになりきり、乱数を味方につければ僕らでもあんなジャグ連できるはずですよね?

「はい……」

じゃあ行きますか。

「はい……」

円滑なやり取りが終わったところで、バシバをまずジジイにします。

_DSC9605~01

やってきたのは美容室。プロのメイクさんにお願いします。
既に若干にやついてますが、担当の美容師さんが美人だからでしょうね。

_DSC9612

プロの技によりどんどん老化していくバシバ。

メイクさんの「これで何するんですか?」という純粋な質問をうまくはぐらかします。

完全攻略シリーズ。情報漏洩は避けていかないといけません。

そして一時間後…

_DSC9626

完了。

全身

着替えも完了し、もはや完全に老化現象が終わった感のあるバシバ。

Bタイプ一同(と、店のスタッフさん)の失笑が漏れる。

「バカにしてますよね?」

大真面目ですよ、やりましたね!
こちらで用意した衣装もバッチリじゃないですか。

「もうこうなったらヤケです。さっさと打ちに行って終わらせたいです」

まだダメですよ、身も心もって言ったでしょう?

「……はい?」

とりあえずお腹空いてきましたし、まずは老人らしくザル蕎麦でも食べましょうか。

「…………」

外

店で会計を終えて外へ出るバシバ老人。

待ちに溶け込むバシバ

街に溶け込んでいくバシバ老人。
なんというかガタイが通常の老人の一回り以上デカいのと、背筋が良すぎてイマイチ老人になりきれていない。
(ここまでの老人なりきり度:21%)

そして蕎麦屋へ。

蕎麦食うジジイ

周り(と店員)の視線がものすごい中、蕎麦を食うバシバ老人。

でも一回の箸に取る量が若者っぽくてイマイチなりきってないのであれこれレクチャー。

_DSC9644
ようやくそれっぽい食べ方に(ここまでの老人なりきり度:45%)。

僕、なんだか水戸黄門のお供をする助さん角さんの気分になってきましたよ。

「やっぱりバカにしてますよね?」

さてお腹も膨れました、天気も良いことだし、今度は公園で散歩しましょうか。

_DSC9632~01

いいですねぇ、かなり老化してきましたよ。

「これ、ホントにパチスロ攻略企画ですよね?」

そういう邪念を捨ててください、波ひとつない水面のように穏やかな心で。

_DSC9638

ほら、鳩が認めてくれた。

「そうかのう……」

いいじゃないですかその言葉も。

あと少しで若者の心を消し去れそうなんですけどね…そうだ!

老人の聖地、巣鴨にでも行きますか。

「…………」

 

ここまでの老人なりきり度:73%

老人一人旅

山手線外回りの連中のものすごい視線を浴びつつ、やってきたのはお年寄りの街、巣鴨。

_DSC9652

おお、完全に溶け込んでますよ。

「周りからの視線がスゴいんですけど」

お婆ちゃんからの逆ナンパとかには気をつけてくださいね。

「いやそうじゃなくて……」

身を清めてとげぬき地蔵にお参りしましょう。

_DSC9656-1

手水舎で他のご年配の方々と一緒に清めるバシバ老人。

オカルト
率先して縁日に打っているオカルト的なお守りに手を出し始めるバシバ老人。

ここまでの老人なりきり度:100%

どっからどうみてもジイサンです。違和感がありません。

身も心もジジババになりきりました。
いよいよ実戦です。

実戦

という訳でバシバちゃま御一行はいよいよホールへ。

じゃあ早速実戦してもらいますが、まず打ち方は毎ゲーム7狙いです。チェリー落としとかは当然ダメ。
強打もやりたいんですがさすがに台とお店に迷惑なので、これは禁止で。

「え?」

あと第3停止ネジネジは基本中の基本ですから。

「…………普通に打っては」

ダメです。

「…………」

_DSC9666

完全に老人に成りきって打つバシバ老人。

当たらないですね、GOGOランプさすったり、おしぼりで拭いたりしてみてください。

_DSC9668

ダメですね、じゃあちょっとこれ付けてみてください。

_DSC9677-1

「なんなんですか、これ」

高齢者疑似体験さんによると老化による筋力の低下を再現するために重りをつけるそうです。
バシバ君は動きが軽やか過ぎるので、重しです。

「正気ですか?」

しかしそんなことをやってもまったく引けないバシバの隣で、さくっと1,000円で光らせてしまった若者が。

_DSC9679

凝視するバシバ老人。
ジジババらしい行為が自然と出てきます。

 

 

しかしここで大チャンスが。
このお隣さんがなんと即ヤメ。

老人はすかさす台移動。
これもジジババがよく取る行為の一つです。

よそ見打法

というわけで2台目。
よそ見打法とか駆使しつつ、打ち始める。

すると遂に、

_DSC9694

「オスイチで光りましたよ!お願いビッ…」

ストップストップ!
自分で揃えちゃダメ!
お隣さんに目押し頼んでください、3枚掛けでね。

「そこまでやるかね」

目押しを頼む

隣のお兄さんに目押しを頼んだ結果、

_DSC9699

なんとBIGボーナス。

_DSC9700

満面の笑みのバシバ老人。

※このあとジジババっぽくお礼にコーヒーを奢りました。

 

 

さて、こっからです。

今回の趣旨はあくまでジャグ連をするかどうか。

ジャグ連チャレンジ中

店のデータカウンターもご丁寧にジャグ連を計測してくれています。
オールビッグで10連チャンくらいお願いしますよ!

「ワシに任せろ!!」

願掛け
ついに率先して台に願掛けしはじめたバシバ老人(ここまでの老人なりきり度:165%

これは期待できます。

そして、

ラスト5

終了

終了。

台移動

そんな馬鹿な的な表情でデータカウンターを見る老眼のバシバ老人。

この後も持ちコインで色々やるも全部ダメでした。

全部飲まれちゃいましたね~

「当たり前ですよ、もろに設定1でしたし」

ここまでやれば流石にピエロを騙せると思ったんですが…

「よくもまぁこんなんで勝てると思いましたね!」

オムツ履いてなかったのがいけなかったのかなぁ…

「だからそういう問題じゃないって!もうヤケ酒しますわ」

_DSC9704

あの、もう打たないから無理してワンカップとか飲まないでいいんですけど。

「あ……」

 

攻略シリーズ第1弾結果
あんまり年齢は関係なかった。

続く。

やーまる

About やーまる

カラオケで曲を歌ってる時に流れる映像に出てくるヤケ酒してる男に似てるとよく言われます。

Bookmark the permalink.

2 Comments

  1. 巣鴨で老人って言ったら赤パンツ履かないと!!!
    しかもご利益あるって噂の赤パンツ。。。
    お店は巣鴨の地蔵通りにあったのに><

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。