頃に会に遊びに行くの会【後編】

この物語はフィクションです。

前回までのあらすじ

前回、頃に会本部にカチコミをかけて会長のタマを取ったろうと目論んだチンピラ集団Bタイプは目押しがグダグダなことが仇となり逆に追い込まれる散々な状況になる。

なお、バシバは後半も安定の遅刻。

後半戦

というわけで目押しがアレでアレなことになってるアレな集団Bタイプ。
一撃のRT数を競うとか夢のまた夢みたいなことになってきました。

この時点でビタ押し(RT50)の成功率はライガー5割、KENTA全ミス。

つっぱさんボーナス

一方順調にボーナスを重ね続けるつっぱさん&たりーさんコンビ。
特につっぱさんはビタ押しも完璧。

たりーさんもビタ押し成功率6割強ほどでライガーを上回る精度。
もう一方は比べるまでもなく順調に離されていきます。

ちなみにその左隣で教わりながら打っている僕は、

ボーナス確定
こういうの出したり(フリーズ)、

kr001-0014
こういうの出したり(なんか凄いやつ)、

6人
こういうの出したりしてました(6人はレアらしい)。

ひぐらしは印象としてRTつきのノーマルと表現するには足りないくらい細かいのですが、
つっぱさんの隣席というのは詳しくレクチャーしていただけるという超VIP席。

液晶と出目との絡みや、演出期待度、重複当選の割合など、4号機の技術介入器に似た楽しみ方を教わります。
もっとも4号機ほどではなく目は単純なんだけど、それをそうと感じさせない複雑さがあり、その複雑さがいい方向に面白くさせている。

今更ですがこの機種は面白いと思います。

さすが頃に会。
伊達に名乗っていません。

この面白さに賛同する人が多いのも頷けます。

そんな感慨に耽っている頃、その左隣では、

ブルーベリーエキス

目の栄養素的なやつが足りないのが悪い」とDHCの健康食品をボリボリ食べ始める男がいました。

「俺も欲しい」と覆面かぶってる男もいました。

さすがBタイプ。
伊達に名乗っていません。

まったく勝負にならない

ひぐらしで練習

ひぐらしの方が絶対見やすい! 試させろ! と僕の台を奪った上にひぐらしでも失敗しているKENTA。

この時点でのビタ押し成功回数は普通に0回。

RTが全部30なので繋げることがまったくできず、これには流石のライガーも呆れる。

なんか誰か

ちなみに僕は上記の演出を出したりなどして順調そのもの。

そんなところにライガーがやってきて、

ライガー 「ようやく、なんとか戦えている感じですね」

と、なんかおかしなことを言い始めた。

ライガー 「これRT150ですよね。とりあえず数稼げているじゃないですか」

ライガー 「もう1人がポンコツなんで」

ライガー 「助かります」

ライガー氏、どうやら僕がバシバの代打だと思っていたよう。
改めてライガーに僕が数に入ってないこと、KENTAとライガーのタッグ戦であることを細かく説明。

ライガー

理解した瞬間、唖然とするライガー(イメージ)。

ライガー 「国へ帰っていいですか」

ダメです。

ライガー 「(;´ρ`)」

一応メキシコ出身なので日本語のやり取りに苦労します。

ライガーの気持ちはともかく、これだと流石に勝負にならないのでルールの変更を申し出ることに。

一方的なルール変更に頃に会の面々は勿論渋ったが、

会長であるつっぱさんに0.1グラムの白い粉的なヤツを渡すと途端に上機嫌に。

なんとか以下の通りに認めてもらう。

改訂前:一撃の最大RT数の多い方が勝ち
改訂後:2人の合計RT数が多い方が勝ち

これでもビタ押し精度がアレなので苦労しそうですが、

レインボー柄

ようやくエンジンのかかってきたKENTAと、

ドヤ顔ライガー

ボーナスとベル取得率の異常な高さで目押しをカバーするライガーが猛烈な追い上げを見せる。

疑心暗鬼モード3

特にライガーは凄すぎて、

2000枚オーバー

チート級のヒキを発揮しこの日最高の2000枚オーバー。

完全にライガー無双で態度も若干、天狗気味でした。

一方でスランプに入り始めたつっぱさん&たりーさんコンビ。
ボーナスが引けなくなってきた両者。

たりーさんに至ってはこの日一番の現金投資額を記録するほど。

人の不幸の間隙を縫うのが得意な2人です。

そして揉みあっている間になんと、

つっぱさん、強制帰還命令が下る。

スランプグラフ

スランプグラフがピーク時から緩やかに下がり続けていたところで強制終了。
意外な幕引きとなってしまいました。

というわけで結果は――。


総RT数
頃に会 つっぱさん:1150
たりーさん:900
合計:2050
B-TYPE KENTA:860
ライガー:1540
合計:2400

勝っちゃいました。

ライガーの異常な数字と、その半分くらいしかないKENTAが異常ですがとにかく勝ちました。

後半の追い上げと、後半の頃に会のスランプが印象的な結果に。

勝者と敗者の図

勝者と敗者の図。
ルール変更さえしなければ普通にボロ負けだったことを考えると悪い気がしなくもないんですが、彼らに罪悪感はありません。

というわけでいきなり押しかけて付き合っていただいた頃に会との実戦でした。

バタバタと終わってしまったため、あまり他の方とも絡めなかったのが残念でしたが、ひぐらし実戦はとても楽しかったです。

また是非ご一緒したいと強く思いました。
ありがとうございました。

そしてバタバタと終わってしまったため、こっちに向かってる最中のバシバに「お前はもう来なくていい」と一言告げておきました。

おしまい。

おまけ

座れなくて隣でジャッカスチームを終日打ってたやーまる氏。

ごめんなさい。

おしまい。

月宮 あずる

About 月宮 あずる

パチスロのしすぎで人生が色々ヤバイ30代。
Bタイプ超監修

Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。