スーパー旅打ち物語~大阪編~

馬鹿

ぶらりふるけんの旅にすり寄る敗戦男

 

超Bタイプとして活動するにあたって一番動き回っているであろうこの方。

ふるけん。彼は一体何者なのか。

どこかで毎日ふらっと打ってゆるっとGOD引いたり赤7引いたり

はたまたジャグラーの合算を甘デジの初当たり確率にしたりする驚異の引き魔人。そしてびっくりするくらい何かしら食べてる人。

そんな彼が超Bタイプの宣伝自らのご利益ラバーバンドを配るために全国津々浦々どことなくゆるりと座って旅打ちする企画。

折角だからレギュラーしか引けない疑惑のこの男も一緒に連れまわして二人でノリ打ちする企画とかどうですか?という一言から始まります。

ちゃんこーと一緒に。

とにかく最近の彼は立ち回りが酷くてっていうか、多分元から酷かったんだけど最近露呈してきた感じ。

レギュラーしか引けない方の男は一体何者なのか、と聞かれると私もよく分かっていません。不幸なフラグを引く天才、またはそういう星の元に生まれた方としか答えられません。

 

 

ノリ打ちとは

ノリ打ちとは一体何なのか。私の知る限りですが、「投資金額を合わせ出た出玉を最終的に二人で分け合う」みたいな意味合いだったと思うのですが、

 

 

 

 

 

 

 

 

ちゃんこー、まさかの所持金0

最初から投資する手持ちを持ち合わせていない。一体何をしに来たのでしょうか。パチ屋で漫画でも読みに来たんでしょうか、この男。

 

 

というわけで早速お金を借りるアホの図。

借りた先はふるけんファイナンス。
利息が10日3割の超優良高利貸し企業。

5万円借りてノリ打ちって既にノリ打ちじゃない気もするんですが彼は今日も元気です。

二人で設けたノリ打ちルール

  • 5万円ずつ使ってのノリ打ち。
  • 負けたら罰ゲームとして野宿

 

この日、ふるけんさんからこのような呟きがありましたが

生き延びるというのが目標だったようですが、実は最初から死んでいたんですね。

 

というわけで大阪

ご利益にあやかりたい大阪にふるけんさん来襲と聞いて駆けつけてくれたフォロワーさんと一緒にいざ実戦開始です。

最初に言っておきますが、これなんちゃらミーみたいなのじゃないです。

ただの旅打ちです。

 

 

 

指で隠れて入場番号が見えないちゃんこーは

彼もいい番号引けたようです。何気に3人の中では一番早い番号。ここで運使い切ってないといいんですけどね。

 

もう一度聞く。ノリ打ちとは

 

Q.「朝一この台を選んだ理由を教えてください。」

ふるけん

「高設定狙いです。」

 

Q.「朝一この台を選んだ理由を教えてください。」

ちゃんこー

「事故狙いです。」

 

今回記事を書くことになりある程度の流れなどを把握すべく質問をしたのですが返ってきた答えがこれである。ノリ打ちに二人とも正直向いてないんじゃないのか?と言いかけた言葉をぐっと堪えて頑張ってくださいとエールだけ送った。そもそも設定狙いで座ったと言っていたが大阪のホールに毎日通ってるわけでもないのに店の癖や特徴をはたして彼は知っているのだろうか、などと心配であった。

ここでちゃんこーの回答にはあえてスルー。多分彼は最初から考えていないと分かっていたので。

 

しかし神に愛されし男の引きはGODシリーズだけにとどまらなかった。

投資15,000。下皿をモミモミさせながら徐々にその引きの強さを見せ、ゲーム数をじわじわと増やしていく。高設定狙いで本当にツモっただけなのかも知れませんが、多分この方が異常な引きを見せているだけのような気もします。

対するちゃんこー

事故狙いでとの報告を受けてから一向に連絡が来ない。屍のようなスタートではあったが本当に屍になってしまったのか。全く心配してなかったけどとても心配だったので連絡を入れると

 

 

 

こんな画像しか送られてこなかった。見事な死亡フラグである。

事故狙いで座った台でただおっぱいを眺めてるだけで23,000が消える。

財布が事故死しかけている。まあ元々死んでいた財布ですが。

 

互いの総投資は38,000。野宿という罰ゲームはやった体でもいいんですか?などと生ぬるい質問がちゃんこーより来ましたが

いいえ、我々は死ぬ気で楽しむ集団なので。

そういうのは なしです。負けたらガチで野宿してもらいます。

 

 

愛される者、そうでない者

野宿の二文字に恐怖を覚えた二人が考えた次の作戦。

調子が悪いちゃんこーは台移動。

移動先はふるけんさんがさっきまで打っていた獣王。まだまだ残りゲーム数が残っているのでこの後うまく乗せればまだまだ出玉が増やせる算段。

投資も止めることが出来るのでこれはいい判断と言えるでしょう。

となると、ふるけんさんは何に座るのでしょうか。

そう、凱旋である。

息をするのと同じように当たり前のようにそこにある凱旋にふらっと座るふるけんさん。データカウンターを見るわけでもなくただそこに凱旋があるから。座ればGOD引くだけのお仕事だからと。8192の確率をさも簡単に引けるかのようにぬるっと凱旋に着席。

 

リプ3からのGスト。鏡なしからのV揃い。そして1セット目ラスト10G。

?ナビから

さも当たり前のようにそのフラグを引き寄せる。

GODシリーズを打ったことのない方が、仮にも何かの間違えでこの記事に辿り着いたとしよう。そしてここからふるけんという男のTwitterか何かにたどり着いたらきっと思うだろう。GODって簡単なんだな、と。

しかし決して勘違いしてはいけない。1/8192というフラグってそんな簡単に引けるものじゃありませんから。

決して間違えてはいけない。GODそんな甘い台ではないから。

 

上の完璧な流れをわずか投資1,000で引いてしまう。流石は引き魔人。その剛運と剛腕の実力をわけていただきたい。わりとマジで。

その後GODステージ消化中にも上乗せを経て見えるセット数だけで11までが確定。1セット300枚と考えたら3300枚。野宿圏内脱出である。企画のオチとしては野宿の方が面白かったのだが、引き魔人の前ではそんな悪夢もその剛腕で書き換える。流石としか言いようがないと思ったが、獣王を打っているはずのちゃんこーからその後の連絡がやっぱり入らない。

ちゃんこーは一体何をやっているのか。

 

 

もう一度聞く。

ちゃんこーは一体何をやっているのか。

レギュラーしか引けないといじられるだけはある腕前で、ふるけんさんが出している出玉をゴリゴリ削る作業をしていたようだ。

そんなに野宿がしたいのか。人の出した出玉を削る作業など、これではもはやデビルカードの効果である。

 

最終結果

 

自分のせいでノリ打ちに負けるのではないかと落ち込むちゃんこー。

ノーマルを小突くもレギュラーしか引けず出玉も底をつく。そんな時GODを消化し終わったふるけんさんから一言

「リノで終わろう」

両隣でリノを最後に打とうと二人で着席。するとほぼ同じタイミングでトマトが揃う。その結果

 

総投資 4,100枚  回収 4,622枚

結果522枚プラスと見事な勝利で終わる結果となり

 

ふかふかベットで眠りにつくことが出来ましたとさ。

 

おわり。

 

 

おまけというか蛇足

 

大阪ならではのグルメの写真などが送られてくる中一つの疑問が生じる。

Q.あれ、ちゃんこーくん。貴方食事代どうしてるの?所持金0で大阪まで来たんでしょ?

「ふるけんさんに奢ってもらってます。ついでに言うと最後に打ったリノも、トマトふるけんさんに揃えてもらいました。」

 

ちゃんこー

本当に何をしに来たのでしょうか。彼は。

 

 

 

 

 

 

 

※朝一抽選を受けて一緒に打っていただいたフォロワー様はラバーバンド効果で勝てたそうです。

おめでとうございます。そしてありがとうございました。

 

おしまい。

 

ABOUTこの記事をかいた人

行き当たりばったり体当たり直当たりで大都に万歳特攻するお仕事しております。 目押しは感覚。好物は触覚。